ブログ

2014.04.07

ラベンダーアロマの効用

 昨日うっかり熱湯のスチームを手のひら全体で2秒ほど浴びてしまい、直ぐに冷やしたのですが熱いのなんのって、今までも180度の油、熱湯等、熱い思いは何度もしてきました。その度に最善の方法と思われるやり方で、時には冷水に何時間も晒し、その後保冷剤で冷やし続ける。市販のフルコートクリームなども炎症を抑え二次感染を予防してくれるので有効なこともあるでしょう。

しかし、大体いつもシクシク痛みが続き、数日後には水膨れができて完全に治るまでは2週間以上かかることも少なくなかったのです。

私のハーブ、アロマの師匠が熱傷にはラベンダーの直接塗布が有効だよの言葉にあやかり、20分ほど冷やしたあと手のひら全体にラベンダーの精油をバシバシ付けたところ、ひりひり感は消失し、いい感じ。念のためガーゼに更にティートリーの精油と併せて幹部を保護した上からピッたんこ包帯でしっかりと覆って1日を過ごしました。
痛みが和らいだだけでも感激だったのに、今朝になっても違和感はなく午後8時頃包帯を外してびっくり!
なんの痕跡もなく綺麗になっているじゃないですか。前より綺麗かも(*´∀`*)しかも香りでぐっすり眠れました。寝起きも良好!いい事づくし。

ラベンダーの精油は鎮痛、鎮静、殺菌作用を併せ持つリナロールの含有量の非常に多い精油です。しかも肌に直接使用することができる(誰にでも進めるわけではありませんが)数少ない精油の一つです。

あっぱれラベンダー!テレビで認知症に効果がある等とうたわれて以来、我々販売店でも希少価値の高いラベンダーをたっぷり自分のために使いまくったというお話でした。
ただし、使用感はあくまでも個人的な感想です。その時の体調や、お子様への積極的な使用は控えたほうが良いと思います。




トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページの先頭へ