ブログ

2014.05.25

尾張弁健康食生活講座ー糖質編ー

 やあっとかめだねえ。あっという間に五月も終わりがけだがね。久しぶりの健康食生活講座です。

今きゃーはエネルギーの源炭水化物について話するでね。最近巷では糖質ダイエットとか、低糖質食を積極的にしましょうとか言っとる人が多けど、正しい知識で望まないかんでね。
三大栄養素だでね、昔からゆうでしょう。三大何とかに間違ぎゃーはないって。糖質控えて脂質と、タンパク質だけ摂っとてみやー。
体が悲鳴あげるに!バランスだでね。バランス!

我が健康食生活講座では疾病の一歩手前、未病をも蹴散らすあくまでも健康を一途に目指すものですので、体重を減らすとか血液検査データを正常値にするとかいうことが目的ではニャーでね。
健康で楽しい食生活でお肌は艶やかに、健やかな運動生活できる体つくりが目的です。全ての栄養素をバランスよく摂っていって必要な栄養素を体中で感じる楽しさを身につけていただきたいもんだわ。
先ずは炭水化物の分類を下に示すでよお見てチョーよ!

Copyright © ASAHI BREWERIES, LTD. All rights reserved.

見てもらってわかるように、炭水化物の大前提の中に糖質、糖類まで分類されとるわけやでね。ビールの好きな人は参考にしてね。
糖質オフ、糖類ゼロ等の意味がわかるよ。
我々の脳の直接のエネルギー源はグルコース=単糖類=ブドウ糖・果糖だでそれ以外の糖質はブドウ糖まで分解されないと吸収エネルギーとして活用されんよ。糖質を過度に制限すれば肝臓などのグリコーゲンを活用し糖新生が行われるけど、肝臓そのものの解毒作用が低下してまって、お肌がボロボロになる人も出てくるで、痩せるはええけど美容に悪いじゃしょうがないでしょう。(1gのブドウ糖のエネルギーは4kcal)
また、神経活動が行われる際にブドウ糖が使われることから、血中にブドウ糖が豊富にあると記憶力がよおなるし、ブドウ糖や砂糖などの甘味物質は、鎮痛や快感作用の効果を持ち、ストレスを解消してくれるでしょう。
要するに糖質は悪者ではなくてバランスよく摂る必要があるとおいうことだでね、

太らんようにするために、糖質を制限することは可能だけど、ほうするとエネルギーは他のタンパク質、脂質から摂らないかんくなるわけだで、それがどんな風に体に影響するかは又次回話しするね。

2014.05.25

ちびっこアロマ体験

 本日は町内区ごとの大清掃会です。

小さいお子さんもお手伝いで出動!

終わったあとに、可愛いお友達たちが薬局に訪問してきてくれました。

皆でアロマエアフレッシュナー作ったね。本能で好きなアロマを選んでいきます。

素晴らしいセンスに脱帽です。きちんと食べて、遊んでると神経も活発、センスも抜群です。

本日の選ばれたアロマたち。
ローズマリー・ラヴィンサラ・レモン・パルマローザ
オレンジスイート・ラベンダー
バジルスイート・グレープフルーツ・カンファーホワイト・ベルガモット。

バブル全盛期経験の私はイランイラン、ローズオットー、ジャスミン、ネロリなどたまりませんが、お店を出して2年強、誰ひとりそれらを手に取りません(^_-)-☆

ページの先頭へ